So-net無料ブログ作成

(株)クローネ様が機械要素展に出展の際に飾られたパネル関係のご紹介です。 [グラフィック・CIデザイン]

前回のブログで「機械要素展」についてお伝えしましたが、その際私共がデザインしたパネルとカタログ関係がありましたのでご紹介します。

まずは、A1サイズのパネルです。

製品自体はデジタル式の圧力計になります。
クローネ様は「計測機器にも従来のような金属の固まりみたいな無骨な物じゃだめだ、これからはデザインを積極的にとりいれていこう」という考えで開発をされています。
デザイン的な主張の一つとして色。一般的に圧力計は正しく計測できればよいのでカラーバリエーションなんてまずありませんね。
そこに色を選ぶことができる圧力計といった業界でもめずらしい試みなのです。
当初は青と黄色だったのですが、今回新色として赤が追加。3色カラーバリエーションが揃いました。
それにより、機械や工場のラインの設備品の配色に合わすこともでき、またパイプ内を通る液体が冷たい時は青、熱いときは赤といった安全面での使い分けもセールストークとして使えるようになったと聞いています。

そこで、せっかく3色になったのだから単に並べてもつまらないので、花のようにしたら面白いかな?というのが発想の原点です。
それでコピーが「デジタルの花が咲きました。」なんですね。

KDM30-A1-S.jpg

次の製品はタイプ違いのデジタル式の圧力計です。
基本的には機械などのパネル面に取り付けます。

実はこのパネルのデザインが結構悩みました。
基本となる製品写真が真正面のアップとカラーバリエーションの説明のために撮った2つのアングルのみ。
これをもとにどうやってイメージを膨らませるか?が課題でしたね。
いくつかラフ案を作ったのですが、打合せの中で震災を応援する意味を含め「がんばれ!NIPPON」のメッセージ性でいこうということになりました。

あと、企業スローガンとして、

単なる目的だけの“もの”であってはいけない・・・
そこに“人”とのつながりを大切にしたい。
私たちは“人”と“もの”との「融和」をつくりだし、
「未来実現」のコンセプトのもと、
新しい今を提案していきます。

人とものとのつながりを大切にしたい、ですので、左下にロボットくんがいるかというとそういった理由何ですね。

KS27-A1-S.jpg

 

最後にA4サイズの製品カタログです。

Web_2012_KDM30-A4:表.jpg

Web_2012_KDM30-A4:裏.jpg

 

Web_2012_KS27-A4_表.jpg

Web_2012_KS27-A4_裏.jpg

製品カタログの作成をお考えの皆様〜、その際は当社に是非お声掛けのほどよろしくお願い致します。[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0) 

機械要素技術展に行ってきました。 [スタッフの独り言]

6月に東京ビックサイトで行われた「第16回 機械要素技術展」に行ってきました。

機械要素展 - 551.JPG

この機械要素展は製造設備、部品や周辺機器などの展示会であります。
最近は海外に押されぎみですが、技術力ニッポンをささえる所ですね。

さてこちらの展示会は毎年来ているのですが、例年にくらべ来場者が多いように感じられましたね。
物作りを支えるとこが元気になると、もっと日本も良くなってくるのかな?

実は私共が関わったクライアントさんがいらっしゃるので、ご挨拶かねてブースに行ってきました。

まずは、株式会社クローネさまのブースへ。

機械要素-クローネ - 549.JPG

クローネさんは海外の計測器や電子部品の輸入販売をしております。
その中で自社開発のデジタル圧力計をデザインさせていただきました。

ブースに掛かっていたパネルも私共の方でデザインさせていただきました。

機械要素-クローネ - 548.JPG

機械要素-クローネ - 545.JPG

これは機能説明のパネルというよりキャッチアイ的な意味でつくりました。
ブースを通った方が 「んっ 何これ?」てきな感じで見てもらえるとイイかなと。

では、デザインした製品は、これ

機械要素-クローネ - 550.JPG

パイプの先につながっているものがデザインした物です。
これはパイプ内の圧力を測る計測器ですあります。
では、何故にぐにゃっと曲げたパイプに取り付けているか?
写真をよく見て欲しいのですが・・・
どの向きに付いていても表示の向きは同じ!なんですよ。
何と表示のところがグルグル回るんですね〜
だから測定者も見間違いが少なくなる!というわけです。
これがいわゆるユニバーサルデザインですね。

さて、つぎにお邪魔したのが大橋製作所さま。

メタルクリスタル - 555.JPG

金属加工や製造設備などをされています。
ですが、近年新しい事業として経験豊富な金属加工技術を活かして力を入れている分野があります。
実はアートの世界なんです。

メタルクリスタル - 553.JPG

スカイツリーのアート作品なですよ。
ステンレス板をレーザーカットして組み上げた作品です。
これは以前のブログでも載せましたの詳細はそちらをご覧くださいね。
ちなみにカメラマンさんに撮っていただいた写真はこちら

タワー台座青空.jpg

もの凄く重厚感と高級感がありますよ。

さて、気になるお値段ですが・・・

このクオリティーに対し

破格の ¥18万円!

・・・・・・・

(ラーメンが何杯食べら連だろ?・・・)

安いと思った方、
是非!!大橋製作所様のホームページをご覧くださいね。

大橋製作所 東京スカイツリー メタルクリスタル 特別サイト


nice!(0)  コメント(0) 

初心者のCUD「なぜ色弱者の人は色の見え方が違うの?」第二回 [CUD]

前回では、色弱者の方は色の見え方が違うことを書きましたね。

では第二回目は、どうして色が違って見えるの?てきなところから話していきましょう。

まず人は色をどこで認識するか?ちょっと医学的なところから。
これは目の奥に色を感じ取る3つの細胞があります。光のセンサーみたいなもの。
その三つとは、
●赤系を感じ取る細胞
●緑系を感じ取る細胞
●青系を感じ取る細胞
この三つの細胞によって全ての色を感じ取っています。

CUD-02-01.jpg

この3つの細胞で様々な色を感じ取ります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。