So-net無料ブログ作成

薄い板状の造形。[07] [3Dプリンタ]

3dプリンタで結構やっかいなのが、収縮による反り。
薄い板状の形状を造形すると反ってしまい台から剥がれてしまうことがあります。
収縮の少ないPLA材で造形しているのですけど、やっぱり台から剥がれて失敗することが何度かありました。

台自体に温度機能がないので、くっつけるにはスティックのりを厚めに塗るしかないのですが、ネットでしらべていたら良さそうな対処法がありました。

四角い板状の造形する場合に、接着用造形を周囲に付けておくやり方です。

こんな感じ。

IMG_1368.jpg

周囲の丸形状が台にくっつけるための補強形状です。

四角い造形部の板厚は3ミリ、丸形状は1ミリほどですが反りもなく造形できました。
丸部もペキって折れるので簡単に取り外せますよ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。